やってみよーっと。

〜ハムたろの行動記録〜

【記事一覧:目次(リハビリ臨床の教科書)】

リハビリ臨床の教科書

【臨床現場】

 リハビリの組み立て方・時間配分方法(動画説明あり)

 ラポール・信頼関係の作り方(学生から)

 【骨折治癒・癒合の過程】

 評価違い・脱線を防ぐために大切な5つのこと  

 症例報告を書く際のフォーマット - やってみよーっと。

 

 筋膜とは:構成や役割について

 筋膜による痛みや筋出力低下の理由

 肩甲骨内側や棘上筋を緩める方法(講習会メモ) 

 血圧低下:座位にて血圧低下がみられる方へ

【筋肉】

顔面の筋肉

大頬骨筋、皺眉筋、咬筋

肩関節の筋肉

大胸筋広背筋僧帽筋小円筋

体幹の筋肉

多裂筋腹横筋

股関節の筋肉

大腰筋大殿筋大腿二頭筋半膜様筋内閉鎖筋

膝関節の筋肉

薄筋 

足関節の筋肉

ヒラメ筋後脛骨筋長腓骨筋

 

【関節】 

【脊椎】

 頚椎症

【肩関節】

 肩関節との関係性(肋骨・胸骨柄・鎖骨)

 肩関節との関係性(肩甲骨の下方回旋)

 胸鎖関節、肩鎖関節、肩甲胸郭関節の触診 

 

【股関節】

 股関節疾患の可動性障害についての一つの案

 大腿骨大転子と大腿骨頭に着目して(股関節モビライゼーション)

【膝関節】

 膝蓋下脂肪体:疼痛増幅装置

 鷲足の役割

 膝関節の安定性 

 半月板の構造

 extension lag(エクステンション・ラグ)が起こる原因について。

 

【足関節】

 足関節からみた膝関節

 脛骨神経麻痺 (足根管症候群)

 足関節可動域訓練で大切なこと。~骨折手術後のリハビリ着目点~ 

 

【歩行】 

 歩行の立脚期のメカニズムを学ぶ 

 歩行分析の見るべき視点:3つのポイント 

 

【内科】  

呼吸器

 呼吸不全:陥る4つの問題点

 COPD慢性閉塞性肺疾患

 誤嚥性肺炎

 細菌性肺炎

 慢性気管支炎

 間質性肺炎

 肺アスペルギルス症

 肺気腫

 急性肺炎

 胸水貯留:産生の3つの要素 

 胸腔ドレナージ:胸水を抜く

 下側肺障害

 リンパ浮腫:線維芽細胞の架橋により繊維化される  

循環器

 虚血性心疾患

  頚部、顎、左肩、腕に放散する胸痛後部の締め付けられるような圧迫感

  運動で起こり、安静で寛解

 心筋梗塞

 心膜炎

  鋭い痛みで、体位により変化する 聴診で心膜摩擦音がきける

 大動脈解離

 大動脈瘤

 心房細動

 うっ血性心不全

 たこつぼ型心筋症

消化器

 逆流性食道

 胸骨後部灼熱感

 消化性潰瘍

 心窩部の痛み、灼熱感

 腸間膜穿通

 小腸穿孔(せんこう)

 十二指腸潰瘍

 イレウス解除術

 

 胆泥(たんでい)

 胆嚢炎

 急性胆嚢炎

 脾梗塞:左上腹部の腫れや痛み、腹部膨満感が出ていたら可能性も!? 

 膵石

 直腸膣瘻 

肝臓

 C型肝炎

 高アンモニア血症(肝臓で分解できなくなる。)

泌尿器

 尿毒症

 尿路感染症(UTI)

腎臓

 敗血症

 敗血症性ショック

  黄疸

  尿蛋白が出る:腎臓と血圧上昇の理由

 多臓器不全

 水腎症

 透析

 クレアチニン(Creatinine:Cre)

 ABI  

 高カリウム血症:尿量・腎機能チェック  

 ネフローゼ症候群:強いむくみと体液循環量減少

 フロセミド 

 低ナトリウム血症

 代謝性アシドーシス

糖尿病

 バランスが悪くなっていませんか?

 糖尿病にはなぜ運動が必要なのか(動画あり)

 膵性糖尿病

感染症

MRSA

CDトキシン

ESBL

AmpC

カルバペネム

 感染症の否定

  MRSA:3回陰性

     ESBL:なし

  CDトキシン:有形便など

癌・腫瘍

緩和ケア

サルコマトイドチェンジ

腎細胞癌

尿細管上皮細胞が癌化したもの

TNM基準

T:原発腫瘍primary Tumor

 癌がどのくらいの大きさになっているか?

N:所属リンパ節regional lymph Nodes

 周辺のリンパ節に転移しているか?

M:遠隔転移distant Metastasis

 別の臓器への転移はあるか?

膵臓癌

 末期とかはご飯食べれなくなる。

癌性疼痛

マッサージの効果

機械的効果:間質液の移動、静脈・リンパ液系の韓流の促進

      局所血流の増加、筋攣縮の軽減

神経反射的効果:触覚などの刺激は太い神経を通って脊髄に至り、そこで疼痛神経線維をブロックする。gate control 理論 、心理的効果

 

 

 

【外科】

 蜂窩織炎 

 壊死性筋膜炎

 

運動療法

 ステップ動作を用いて立脚後期を可能にする方法(動画あり)

 いつの間にか骨折で歩けなくなっていませんか?圧迫骨折の運動方法。

 知覚循環ってなんだろう。生体心理学的視点 

  呼吸介助

【書籍紹介】

 膝蓋下脂肪体プレゼンを作成した時の書籍

 実習生必見!【運動機能障害の「なぜ?」がわかる】

 

【キャリア選択】

 2019年度版:リハビリ転職・開業「市場は選択肢の広がりを見せる」

 リハビリ職の進路【国家試験合格から就職まで】 

【資産情報】

 稼ぐ方法:資産形成を考えるあなたへ

【習慣】

 【小さな習慣を身につける】

 「1日30分」を続けなさい!Kindle版: 人生勝利の勉強法55

 「可愛いままで年収1000万円」

 「やめる」習慣 - やってみよーっと。

 年収1億の勉強法 年収300万の勉強法

 バカとブスこそ金稼げ!

【アウトプット】

 ライティング 

  文章の書き方で重要な「PREP」とは?

  ウェブマーケティングの方法〜文章の書き方〜

【読書】

  【情報資産の作り方】学習を資産にできるんじゃないか?

 アフィリエイトを始めて気づいた3つの習慣まとめ 

 

お問い合わせ 

Gmailhamutaro0219@gmail.com 

 

 

f:id:chikugiyuki:20190501121045j:plain

症例報告を書く際のフォーマット

  • ▼1症例
  • ▼2現状
    • ●健康状態(診断名など) 
    • ●心身機能・身体機能
    • ●活動
    • ●参加
    • ●環境因子
    • ●個人因子
  • ▼3解釈
  • ▼4アプローチ 
  • ▼5要約(ポイントを3つにまとめる)
  • ▼6リハビリの方針をかく
続きを読む

呼吸不全:陥る4つの問題点

 

▼はじめに 

こんにちは。今回もたどり着いていただいてありがとうございます。

日々臨床と学習を繰り返し試行錯誤を行なっています。

今回も気づきを得てもらえたらと思っています。では!

 

信頼性の担保として、記事を書いている現在、

病院に勤めていて、臨床業務を行なっています。

論文や教科書、臨床経験をもとに記事を書いています。

 

▼呼吸不全とは!?

室内空気吸入時の動脈血酸素分圧(PaO2)が60mmHgいかになった状態を

呼吸不全と言います。

このような状態が続くと、脳や心臓などの重要臓器の組織中酸素濃度が低下して

生命の維持に危険をきたすので速やかな治療が必要です。

 

▼呼吸不全の内容

呼吸不全となってしまう理由として、次の2つが挙げられます。

低酸素血症となるガス交換障害(これは肺の中の問題)

低酸素血症となりさらに高二酸化炭素血症となる換気障害(これはポンプの障害)

この2つをお伝えします。

 

●ガス交換障害

ガス交換障害は、どれだけ換気量を増やしたとしても、

肺胞内の酸素分圧は吸入気中の酸素分圧(150mmHg)以上にはならないため

PaO2の改善はほとんど期待できません。

このような場合でも、酸素投与を行えば

肺胞内の酸素分圧を大気中の酸素分圧の数倍(約600mmHg)まで

上昇させることが可能であるため、

ガス交換障害があってもある程度低酸素血症を改善させることが可能です。

この場合に酸素療法が必要となります。

 

○拡散障害

肺胞気から赤血球までの酸素の拡散過程に何らかの障害が生じる状態です。

 

・肺胞膜の障害・肥厚:

  間質性肺炎放射線肺臓炎、薬剤性肺臓炎

・肺胞面積の減少:

  広範な無気肺、肺切除、COPD

・肺毛細血管血液量の減少:

  多発性肺血栓塞栓症、肺門部腫瘍による肺動脈の狭窄・閉塞

・血液のHb濃度の低下:

  貧血

など

 

○換気血流比不均等

肺胞換気量と血流比の均衡が崩れている状態です。

 

気道疾患、間質性肺疾患、肺胞疾患、肺循環疾患

気道肺胞系・肺血管系に以上をきたす全ての疾患です。

 

○シャント

右室から拍出された血液が、肺胞気に接触せず、酸素化されずに左心系に流入する状態です。

(静脈血が動脈血に入る)

 

・肺内血管シャント:

  肺動静脈瘻、肺血管腫

・心内右左シャント:

・肺胞内の充満:

  無気肺、肺炎

・肺胞の虚脱:

  無気肺

・肺内毛細血管の拡張:

  肝肺症候群

など

 

●換気障害

○肺胞低換気

十分なガス交換が行えるだけの肺胞換気量が得られていない状態です。

肺胞低換気は「分時換気量の低下」or「死腔換気量の増加」によって起こりますが、

特に前者の場合には換気量を増やすだけで低酸素血症は改善されます。

 

例えば、筋ジストロフィーの患者さんが、

呼吸筋力低下により低酸素血症をきたしているときに

人工呼吸器を使って換気量を増やすだけで良いです。

酸素投与を行うとCO2ナルコーシスを起こす恐れがあります。

 

肺胞低換気となる理由は、

呼吸中枢機能低下、神経・筋障害、肺・胸郭系の異常などによっても起こります。

 

・呼吸中枢機能低下:

  ベンゾジアゼピン系薬などの抗不安薬モルヒネなどの麻薬性鎮痛薬による呼吸中枢の抑制

  呼吸中枢に影響する脳血管疾患

・神経・筋障害:

  重症筋無力症、筋ジストロフィーなど

・肺・胸郭系の異常:

  慢性的な肺疾患、肥満、後側弯症など

 

▼終わりに 

今回も記事を読んで下さってありがとうございました。

日々臨床で悩むこともあり、質問も頂いています。

そんな方への一助となる記事をかけたらと思っています。

ぜひ今後も楽しみしていてください!

 

参考文献:

医学書院:系統看護学講座 専門分野Ⅱ 成人看護学

松尾善美編:内部障害理学療法学     

f:id:chikugiyuki:20190501121045j:plain

お問い合わせ

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
「やってみよーっと。」(http://chikugiyuki.hatenablog.jp/)管理人へのお問い合わせです。

お仕事依頼、訂正依頼、勧誘、質問などを受け付けています。
それ以外にも自由に利用してもらって大丈夫です。

Gmailhamutaro0219@gmail.com

尿蛋白が出る:腎臓と血圧上昇の理由

腎臓の働き

腎臓の働きには以下のようなものがあります。

 

・体の水分の量と濃度を調節すること

・血液をろ過する

・血圧を調節する

・赤血球を作るホルモンを分泌

・ビタミンDを活性化(骨の強度を保つ)

 

血液をきれいにしておくためには、

一定以上の血液が腎臓を通過しないといけません。

そのため血液量が少なくなると、

腎臓自身が血圧を上げるホルモンを分泌して血液量を増やします。

尿蛋白が出る

尿からタンパク質は通常出ません。

タンパク質は体に大切な構成成分です。

健康であればほとんど尿に混ざりません。

しかし、腎臓に病気が起きると、

濾過機能を持つ糸球体をタンパク質が通過して尿に出るようになります。

 

タンパク質が糸球体から出ること自体糸球体に負担になり

病気の進行を早めます。

血圧上昇する

腎臓に病気があると、腎臓内部の血管が細くなり、

腎臓の血液量が減ります。

 

すると腎臓は、血液量を保つために血圧を上げるホルモンを出します。

血圧を上げることで腎血流量を保とうとします。

 

しかし血圧が高いと糸球体内部の細い血管が傷つけられ、

結果的に腎臓の機能はより早く低下してしまいます。

アルブミン尿とは

タンパク質の中でも分子量がより小さいものをアルブミンと言います。

タンパク尿のほとんどはアルブミンですが、微量のアルブミンはタンパク尿が陽性になる前から尿中に現れます。

そのため、病気の早期発見に役立ちます。

 

 

血圧低下:座位にて血圧低下がみられる方へ

起立性低血圧 orthostatic hypotension (OH)

 

起立性低血圧を起こす患者は

圧受容器反射が破綻しているので、もともと臥位高血圧を伴う症例が多い上、

OHの薬物治療の目標は血圧の「底上げ」であるので、

治療が奏功すれば、臥位高血圧が必発します。

 

OHの診療においては、

・日中は臥位にならないこと

・夜間も頭部を1525cm挙上して就寝すること

を指導します。

 

非薬物治療

・ゆっくりした起立動作

・重力に抵抗する身体動作 ⅡbC

・弾性ストッキングや腹部緊縛 ⅡbC

・夜間睡眠時の頭部挙上(20-30cm) ⅡbC

・適度の食塩、水分の摂取 Ⅰ、C

500mlの飲水で即時の昇圧効果あり